矯正歯科で綺麗な歯並びをゲット|白く輝く自慢できる歯へ

歯並びをよくする治療法

院内

矯正歯科で行なわれている矯正治療には、ブラケットと呼ばれる器具とワイヤーが使用されています。ブラケットにはメタルブラケットやセラミックブラケットなど様々な種類のものがあり、それぞれの器具によって特徴が異なります。メタルブラケットは金属で作られたものであることから丈夫であり、どんなに悪い歯並びにも対応が可能なのです。他の器具に比べてコストもかからないため多くの矯正歯科で使用されているのが特徴となっています。しかし、メタルブラケットの場合、歯の表面に装着するため、周りに目立ってしまいます。人によっては、治療中に見た目を気にしてしまい、治療を躊躇してしまうこともあります。そのような人は、セラミックブラケットやリンガルブラケットなどを利用して矯正治療を行なうことができます。セラミックブラケットは、メタルブラケットと同じように歯の表面に装着するのですが、ブラケットが歯の色と同じ白であるため目立たないようになっているのです。また、リンガルブラケットは歯の裏側に装着する治療法であるため、より目立つ心配がないとされています。このように、様々な方法によって矯正治療が行えるため、自分に適した治療法を選んで治療を行なうとよいでしょう。

矯正歯科で治療を行なう際には、歯科選びも重要となります。自分に合った歯科を選ぶことで満足いく治療ができるため、選ぶ時には慎重に選ぶようにしましょう。歯並びを治療することで歯を綺麗にするだけではなく、楽しく生活を送ることができます。

治療の時の注意点

男の人

歯並びが悪いと日常生活において、様々な支障が起こります。そのため、府中市にある矯正歯科できちんと治療することが大切なのです。治療の際には、様々な注意点があるため知っておくとよいでしょう。

More Detail

入れ歯の種類

院内

人の歯は年を取るにつれ筋肉の衰えや様々な症状によって歯が抜けてしまいます。そのため、抜けてしまった歯の代わりに入れ歯を装着するのです。入れ歯には、総入れ歯と部分入れ歯の2つがありそれぞれによって費用も異なります。

More Detail

治療の流れ

口

歯磨きは虫歯を予防するために重要な行為とされていますが、知らない間に虫歯が進行していることもあります。そのため、西宮にある歯医者に通い治療を行なう必要があるのです。治療を行なうにも治療の流れがあるのです。

More Detail